Happy Sweets Life
content
TOP
Sweetsのあれこれ
Sweetsの種類
お菓子作りに失敗しないためのコツ
スイーツRecipe@
スイーツRecipeA
スイーツRecipeB

 

お菓子作りにそろえたい器具

 

基本用語集

 

ダイエットとスイーツの両立法

 

Last update:2014/9/11

ダイエットとスイーツの両立法

食べると太るから我慢しなきゃとは思うケド・・・・。おいしそうなスイーツを見つけてしまうとついつい手が伸びてしまいますよね。特に女性は甘いものを食べると幸せな気分になれます。でも、食べすぎは厳禁です。
ここでは、スイーツと上手に向き合う方法をご紹介します。

スイーツの欲求の影に食生活の乱れ??

上手なスイーツをご紹介する前に自分の食生活を見てみましょう。成長期に子供の間食は、まだ胃が小さいため3度の食事では摂りきれない栄養を補うという意味でとても大切な事ですが、私たち大人は十分に発達した胃を持っているので、本来間食の必要はないのです。なので「食べ始めると止まらない」、「ついつい食べ過ぎてしまう」などという人は、普段の食生活に問題があることが少なくないのです。ここで、普段の食生活少しチェックしてみましょう。

CHECK1 毎日、三食きちんと食べていますか??

スナック菓子やスイーツなどをご飯の代わりに食べているなんて方いませんか??食事をきちんととっていないと体はなんとか栄養補給をしようと危険信号を出します。それが、スイーツなどに対する欲求となり、「食べだすと止まらない」などといった風になってしまうのです。食事の量を減らすと、間食が多くなってしまいます。

CHECK2 野菜不足になっていませんか??

栄養のバランスの乱れが、不健全な食欲へとつながります。
もし、我慢できないほど甘いものが食べたくなったときは、バランスの取れた食生活をしていたかを振り返ってみてください。偏った食事してませんか??野菜をたっぷりとれていますか??バランスのいい食事がとれていれば、不必要な食欲は抑えられ、間食を防ぐことが出来ます。最近では野菜スイーツも流行っていますね!野菜を使ったケーキなどとってもおいしそう♪野菜自体が甘いものも沢山あるんです!サツマイモも焼き芋にしたらとってもあまいですよね?新鮮な野菜ほど甘く感じるものが沢山あって本来の甘みがあるんですよ♪食物繊維や葉酸、亜鉛、鉄など重要な栄養素も沢山野菜には入っているので心がけてみましょう!

ダイエット中だけど甘いものも食べたい!!
そんなときのおススメダイエットスイーツ

痩せて美しい体を手に入れるためとは言え、ダイエットでの「スイーツ断ち」は辛いですよね・・・・。でも、我慢しすぎてリバウンドなんて事は避けたいですよね。ダイエット中でも「スイーツが食べたい!!」なんて方におススメのダイエットとスイーツを両立させるコツ教えちゃいます!!。

コツその@ 食べる時間

夕食後にデザートが、なんとなく欲しくなる時って、ありませんか??。でも、寝る前に甘いものを食べると、寝ている間に脂肪になりやすいということを知っていますか?スイーツを食べるなら3時のおやつの時、もしくは午前中にしましょう! そうすれば昼間動いている間に、食べた分のカロリーが燃焼されてしまうので、脂肪に変化するのをある程度防ぐことができます。

コツそのA 食べすぎは厳禁

我慢のしすぎはよくないと書きましたが、もちろん食べすぎはいけません。「お腹はすいていないけど何か食べたい」あるいは「口が寂しい」などというときは、とりあえず温かい紅茶でも入れて、気を紛らわしましょう。この方法、意外と有効ですよ。

 
コツそのB 何を食べたらいい??

ダイエット中にどうしても間食がしたくなった時は、「100キロカロリー以下」を、目安に食べるものを選んでみてください。100キロカロリー以下でしたら、ダイエット中でも大丈夫です!
以下に例をあげてみましたので参考にしてみてください。

果   物

ビタミンやミネラルも豊富なので、栄養面でいえばお菓子をとるよりも、果物をとるほうがいいでしょう。ただし、糖分がありますので、食べすぎは注意しましょう!

ヨーグルト

日本人に不足しがちなカルシウムが豊富で、標準サイズ1カップで大体100キロカロリー前後なので、ダイエット中でも安心して食べられます。
同じ乳製品でも、生クリームなどは脂肪分が多く、高カロリーなのでダイエット中は避けた方が無難です 。

お菓子なら

最近は、カロリー表示してあるものも増えています。小分けにされたものなど、量が少ないものを選ぶと、カロリーの調整がしやすいでしょう。
また、どうせ食べるのであれば、体にいいお菓子を選びたいものです。
胚芽を使ったクッキーのように食物繊維やビタミン類、カルシウムなどを含んだ栄養価の高い商品も出回っていますから、上手に取り入れるといいでしょう。
ただし、これらも食べ過ぎに注意し、100キロカロリー以下に抑えましょう!

手作りダイエットスイーツを作ってみよう!

イチゴを使った、簡単なイチゴムースを作ってみましょう!イチゴはビタミンCを多く含みます。美容効果もばっちりです!!マシュマロを使った簡単ムースなので、泡立てたりする手間もなく簡単に作れます。

イチゴのマシュマロムース(一人分98キロカロリー)
材料(5人分)
イチゴ 200g
牛乳 100cc
プレーンヨーグルト 200g
マシュマロ 70g
 

<作り方>

  1. イチゴはへたを取って、フォークで粗くつぶします。
  2. 耐熱容器に牛乳とマシュマロを入れ、レンジで2分加熱します。マシュマロがかなり膨らむので、大きめの耐熱容器を使ってください。
  3. (2)を泡だて器でよくかき回してなじませた後、(1)とヨーグルトを加えてさらに混ぜます。
  4. お玉で器に流しいれ、冷蔵庫で冷やし固めます。
  5. 固まったら、好みで、イチゴやキウイ、みかんなど好きなフルーツを飾ってください。

    *マシュマロの種類によって、甘さが変わってきますので、必ず味見をして甘さを調節してください。

check

錦糸町 脱毛サロン

Last update:2019/1/22

Copyright (C) 2008 happy sweets Life, Inc. All Rights Reserved.